XM6i - クロスプラットフォーム X68000/X68030 エミュレータ

バグではなくて仕様です(ぉ

ver 0.55 までに分かっているもの:
  • UNIX および Mac OS X 版の Windrv はマルチバイト文字(要するに日本語) のファイル名、ディレクトリ名に対応していません。 動作は不定です。 (2016/06/18)

  • スクリーンモードを変えて画面を拡大描画している際に 画面更新矩形が1ライン残ったりすることがあります。 (2014/07/05)

  • きっと誰も気にしてないと思いますが、 68000 モードのメモリに対する CLR 命令がリードアクセスを行っていません。 (2012/01/22)

  • きっと誰も気にしてないと思いますが、 -(An)、(An)+ でバスエラーが起きた際の An レジスタの内容を含む 挙動は正確ではありません。 (2012/01/22)

  • きっと誰も気にしてないと思いますが、 演算結果を書き戻してフラグが変化する命令が、 書き込み時にバスエラーになった場合、 スタックに積まれる CCR が正しくないかも知れません。 (2012/01/15)

  • 68000 例外処理中のバスエラー/アドレスエラーが正しく処理できず、 二重バスフォールトになりますが、今のところ仕様です orz。 (2012/01/08)

  • 「仮想マシン全体をノーウェイト動作」にすると、 UI が操作できなくなる(くらいノーウェイト動作する)環境があるようです。 (2011/12/29)

  • NetBSD 版で、inputmethod に uim-scim を使ってる場合、 XM6i 終了時にコアを吐くらしいです。 (2011/12/06)

  • NetBSD 版で、inputmethod に uim-anthy を使っている場合、 XM6i のウィンドウやダイアログを閉じるたびにメッセージが大量に出ますが、 たぶんこっちのせいではないと思います。 (2011/12/06)

  • 「ファイル > 電源を切って終了」はしばらくお休みです。 (2011/07/01)